読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タコトマ心理学

ミクロ的な。マクロ的な。あれこれ

2秒と8歩の快楽〜TSUTAYA的マリアージュ〜

今さ。

 

GANTZ借りにTSUTAYA行ったのよ。

f:id:tacotoma:20170225223940p:image

 

したら新宿のTSUTAYAでDVDは移転しましたとか言われて歌舞伎町まで行ってきたのよ。

 

わざわざ土曜日の新宿に。

 

ええ。

 

Netflixで観れって感じだよね(笑)

そもそもAmazonプライム会員(♥´人`)

でもぜったいGANTZが観たいときそーゆーのダルイわ。最短はTSUTAYAだわ。

 

でさ。

 

売り場の勝手がわからんわけよ。

わかんないから検索するじゃん。GANTZって。あれ、紀伊国屋書店みたいにA-1とか陳列棚明記して欲しくない?あれ。SFホラーだけ記入されてんのよ。わかんねー。しかもSFホラーの棚にないし。

 

わかんないから店員呼ぶじゃん。

 

都会の人の量に対して店員は足りないわけで、店員探す、待つという動作が発生。

店員どこよ!この時間無駄。30分で全てを終えて家にいるはずなのに、、なのに、、って佇んでたら

 

「何か、お探しですか?」

黒い制服が白馬の王子に思えたよね。

一番嬉しいナンパだわ。

TSUTAYAで黒い制服の方に声をかけて頂くの一番嬉しいナンパ。

 

GANTZどこですか?(*´Д`)ノ」

GANTZですね。」キリッ

 

もう2秒よ。2秒。

 

多分ね、8歩だったね。

 

2秒と8歩で、彼は私は落としたね。

 

チョロい。チョロい。GANTZなんて黒い制服の方にとってはチョロい。

 

 

 

そのあとセルフのレジで精算したんだけど、やったことないから、わからない。

また店員さんに「あのーすみませんーこれー」って。何にもわからない女。お願いする女。

 

あの箱の中で完全に私はドMのこころ。

わたし、こないだ人様からドMっぽいって言われたんですよ。

性癖的にはそれは違うんですけどね。。

ただ、TSUTAYAでは私はドM。

聞くしかない。お願いするしかない。

 

「お願いします、GANTZ借りたいんです、、借りさせてください。」

「じゃあテストするからとりあえず脱いでみて」←(言ってない)

 

黒い制服をきたドSの方が

GANTZ借りたいんだろ?じゃあ俺のいうこと聞けよ」←言ってない

 

次返却に行くじゃないですか。

きっとまたドラマが生まれるんですよ?

 

TSUTAYAの店員さん、みてます?

とりあえず4階は大体わかったけどまた8階で私はドMですよ。丸裸。

「私、、はじめてなんです、、」ですよ。

 

とりあえず優しくしてください。ドMのこころなので。